水回りリフォームにかかる費用を安く抑える方法とは?

公開日:2022/10/15   最終更新日:2022/09/21


キッチンやトイレ、浴室などの水回りは日々の生活でよく使う場所です。経年劣化による傷みや汚れ等からリフォームしたいと思ったことはありませんか?今回はリフォームするべきタイミングや気になる費用について解説します。リフォームにかかる費用を安く抑えるポイントも合わせてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

水回りリフォームを行うべきタイミングとは?

大切なマイホームで快適に生活し続けていくためにも、水回りを適切なタイミングでリフォームしましょう。家全体の中でも水回りは老朽化が進みやすいので注意が必要です。キッチンやトイレなどの水回りの寿命はだいたい10~20年とされています。とくに汚れや不具合がなければリフォームしなくてもいいと思われがちですが、実は寿命を過ぎると配管の腐敗が進み突然の故障にもつながりやすいのです。生活する上で重要な水回りが突然使えなくなってしまっては大変ですよね。

まだ大丈夫だからと放置してしまい、故障してからでは費用も高くなってしまいます。そのため、水回りは目立った劣化や不具合が見つかる前にリフォームしてしまうのがベストです。自宅の水回りの耐用年数をきちんと把握し、それを過ぎる前にリフォームの計画を立てましょう。一般的にリフォームを検討し始めるタイミングとしては10~20年を経過した頃がよいでしょう。20年以上経過してもトラブルなく使い続けられるケースもありますが、劣化は確実に進むので早めにリフォームを検討することをおすすめします。

水回りリフォームにかかる費用はどれくらい?

リフォームしたい箇所やグレードによって費用は大きく変わります。自宅の水回りというとキッチン、トイレ、浴室、洗面所がメインですが、それぞれどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

キッチンのリフォーム費用相場

キッチンは種類によって相場が異なります。I型、L型、対面式のそれぞれのグレードにより数万から十数万ほど費用に差が出るでしょう。

I型キッチンとはシンクやコンロ、調理台が一直線に並ぶキッチンのこと。相場はだいたい70万円前後で、キッチンのグレードの中で一番リーズナブルです。

L型キッチンとは壁を二面使ってL字になるように配置されたキッチンのことです。L型キッチンの相場は約90万円前後で、グレードとしては中間に分類されます。

対面式キッチンとはリビングとの仕切りがなく、その名の通りリビング、ダイニングと対面する形のキッチンです。相場は対面式キッチンが一番高額になるとされていて、100万台になることが多いでしょう。

トイレのリフォーム費用相場

トイレは便器や便座の種類、リフォームの範囲によっても費用は異なります。トイレのリフォームに関しては基本的に便器だけのパターンか、床と壁などの内装も追加するかの二つのパターンから検討する人が多いようです。

後者の便器も内装もすべてをリフォームしてしまうケースの割合のほうが比較的多く選ばれており、15~30万円程度が相場です。ただ、和式から洋式に変更するなどといったオプションがあればそのぶん費用も上乗せされていくので注意が必要です。

浴室のリフォーム費用相場

浴室に関してもリフォームの範囲やユニットバスのグレードなどによって費用が大きく変わります。また、浴室の劣化の進み具合や配管工事まで必要かどうかによっても相場が異なります。

基本のユニットバスの交換と工事費用のみだと、一番グレードの低いシンプルなタイプで30万円からが相場です。浴槽や床の断熱等を省いてユニットバスのみの工事のため、比較的安価でできるでしょう。

浴槽や床も断熱材入りの中間のグレードになると50万円からが相場です。充分な機能性であることから、中間のグレードの工事が人気です。浴室の材質やデザイン、機能性にさらにこだわったハイグレードなリフォームになると100万円からが相場です。数百万円を超える工事事例もあり、こだわればこだわるほど費用は高くなります。

洗面所のリフォーム費用相場

洗面所の交換費用に関しても、グレードやサイズによって相場が多少異なります。最低限のプランでだいたい10万円前後でできてしまうものもあるうえ、中間のグレードでも20万円かからないことがほとんどです。

既製品の洗面台ユニットを選ばずに鏡や蛇口などを自分好みにカスタムしてこだわったとしても30万円程度でできてしまうケースもあります。洗面台のリフォームはグレードによってそれほど大きく費用に差が出ないのが特徴です。

水回りリフォームにかかる費用を安く抑える方法

決して安くはない水回りのリフォームにかかる費用を少しでも安く抑える方法がいくつかあります。上手に取り入れて、少しでも安く理想のリフォームを実現させましょう。

セットプランを利用する

キッチン、トイレ、浴室、洗面所をまとめてリフォームすることで個別にリフォームするよりも費用が抑えられるセットプランを利用することで節約ができます。基本的に商品代と工事費用がすべて含まれたプランで、3点セットや4点セットなどの組み合わせは業者によって異なります。費用に関しても業者によってさまざまですが、4点セットでだいたい200万円前後になることが多いようです。

セットプランでは設備や製品を自由に選ぶことができなかったり工事範囲があらかじめ決められたりしている場合もあるため、事前にしっかりと打ち合わせをする必要があります。複数の業者を比べてみて、一番安くてサービスのよい業者を選ぶのもおすすめです。

シンプルなプランを選ぶ

一箇所のみのリフォームや最低限使えればいいという場合はグレードをシンプルなものにしましょう。見積もりの段階で費用を抑えたいと相談すれば安価な商品や方法を提案してくれるかもしれません。

まとめ

水回りは定期的にメンテナンスすることで綺麗に長く使うことができるので、耐用年数を過ぎたタイミングでリフォームを検討しましょう。20年経過する前にリフォームすれば、劣化も少なく、費用も抑えられるかもしれません。業者によって費用やサービスも異なるため、納得のいく業者で素敵なリフォームを実現させましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

水回りは、リフォームの中でも依頼が多いとされています。水回りは劣化しやすい部分で、汚れも気になりやすいので長く住んでいるお宅では、リフォームが検討することが多いのです。しかし、ここで注意した

続きを読む

キッチンやトイレ、浴室などの水回りは日々の生活でよく使う場所です。経年劣化による傷みや汚れ等からリフォームしたいと思ったことはありませんか?今回はリフォームするべきタイミングや気になる費用に

続きを読む

水まわりをリフォームしたいと検討されている方は、どのように業者選びをすればよいか、どの業者に依頼すればよいか悩まれていることと思います。水まわりのリフォームは失敗事例もありますので、業者選び

続きを読む

寒い冬は、住宅でさまざまなトラブルが起きます。その中でも代表的なのが、水道管が凍るトラブルです。忙しい朝に水が出なくなるととても困りますよね。そして水道管が凍ったまま放っておくと、破裂する可

続きを読む

電気代を少しでも節約したいと考える人は多いでしょう。とくに夏や冬などエアコンの稼働率が上がる時期ならなおさらです。この記事では、家庭でできる節電テクニックを大公開します。節電以外で電気代を安

続きを読む

水回りのリフォームは一般的に10年~20年を目安に行います。水回りとは、キッチン、浴室、トイレ、洗面台のことです。リフォームせず過ごす方もいますが、20年以上経つと劣化により修理費が高額にな

続きを読む

柏崎市内でいい水回りリフォーム業者を探しているけれど、違いが分からずなかなか決められない。そんなあなたのために、今回はおすすめのリフォーム業者を3社紹介します。それぞれの得意分野や強みなどを

続きを読む

社名:株式会社田辺総建 住所:〒956-0852 新潟県新潟市秋葉区柄目木189-13 TEL:080-6577-5280 株式会社田辺総建は、新潟市秋葉区にある会社です。業務範囲は幅広く、

続きを読む

水まわりは日常生活において使用頻度の高いものです。そのため、設備の老朽化や不具合からリフォームを検討することも多くあります。ここでは、鶴岡市でおすすめの水回りリフォーム業者として、日新設備工

続きを読む

私たちの生活に欠かせない、電気、ガス、水道。そして電気、ガス、水道にかかる水道光熱費は、毎月かかる固定費だからこそできるだけ抑えたいですよね。しかし、電気代やガス代の節約方法はわかっても、水

続きを読む